Home > Ruby Archive

[ << < 1  2 ]

Ruby Archive

HikiDoc.pm

元々電算写植屋だったからかもしれないが、ワープロが嫌いだ。レポートとかをどうやって書いてるかというと、最近はFreeStyleWiki上で書いてて、その前はrdtoolを使っていた。

特に不満もなかったのだが、先日「rdtool みたいにコマンドラインで使いたいときも結構あるよなぁ」と感じ、「最近 Wiki とか流行ったし、いろんな書式があるだろう」と、ちょっと調べてみた。あんまりいろんなことができる必要はない。機能的にちょうどよくても、書式が自分の感性と合わないとダメ。

結果、一番良さげだったのがHikiDoc。では移行しようと思ったが、一つ難点が。ruby がはいってなくて自分で勝手にインストールとかできない環境がある。。。Perl 版誰か作ってないかな。。。なさそうだな。。。自分で作るか。

結果オーライじゃなくてロジックもできるだけ本家と同じような感じにする (本家のバージョンアップに追随しやすくするため) ことを心がけ、目標は今月中リリースってことで。

perl の split で、パターンも含めた配列を返す

例えば、

my @tmps = split(/,/, 'hello, world');

の場合は

@tmps = ('hello',' world');

だが、

my @tmps = split(/(,)/, 'hello, world');

の場合は

@tmps = ('hello',',',' world');

となり、「,」も含まれる。

どういうときに便利かというと、

for my $str ( split(/({{|}})/, 'aa{{plugin arg}}bb') ) {
  if ($str eq '{{') {
   }
   elsif ($str eq '}}') {
  }
  else {
  }
}

というような感じで使う。

。。。というようなことに、ruby の Regexp.union 関連を見ててたどりついたわけだが、

perldoc -f split

するとちゃんと書いてある。やっぱり基本は重要。

石井勝さん

先日のJR尼崎事故で、石井勝さんが亡くなられたらしい。私が氏のことを知ったのは、オブジェクト指向に興味を持ち始めた頃である。面識はまったくないのに、なぜこんなにショックなんだろうか。あー、今日は一日仕事にならんな。

氏のサイトは、ご友人の森さんのサイトで保存されている

Flash で遊ぶために

Ming をちょろちょろ触ってみて、Perl でも Ruby でも (ついでに PHP でも) 同じように書けるのはいいよな、と思いつつ、perl_ext をいれるのに大変苦労したりするので、SWF::Builder の方にしよかと思ったりしている最中。他にも色々あるみたいだし、色々触ってみて考えよう。

Ruby の HTML/Template

いつのまにか rdtool が 0.6.13 になっている

RD 大好きなくせに、情けない。しかもRDoc使ってみよかな、と調べてるうちに見つけるし。

Exerb

http://exerb.sourceforge.jp/
こんなんがあるのか。自分用ツール作るのに便利そげ。。。と思った私は Mac User。。。

rss

わはは。やっぱり作る人はいますな。
http://raa.ruby-lang.org/list.rhtml?name=rss

実は Ruby はほとんどわからないのだが


「にうす」は、実は今は Perl で作ってて、tDiary で使うのに Perl ってのもアレなんで、Ruby で作り直さんとね(^^;

あと、メニューに「にうす」を作らなあかんな。

[ << < 1  2 ]

Home > Ruby Archive

Feeds

Return to page top