Home > Perl Archive

[ << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

Perl Archive

Mac OSX で mkpasswd

方法1: expect いれる

sudo port install expect

  • MacPorts 使って expect をいれたらついてくる
  • Porticus 使うと楽かもしれない

方法2: perl の String::MkPasswd いれる

sudo cpan String::MkPasswd

  • /usr/bin/mkpasswd.pl がインストールされて、mkpasswd と同じように使える

やっぱり MTOS 4.3 はやめた

昨日 4.3 にしたばっかりだけど、どうやら検索が死んでたっぽいので、元に戻した。検索結果が面で、ページの上の「Home」「一道に。。。」。。。と並んでいるメニューの <MTPages> あたりでエラーになってた

まぁ、急ぐ道でもなし。いったん元に戻して様子見

Movable Type の入力フォーマットで HikiDoc 形式を使う

Movable Type では、ブログ記事の作成時に「なし」「改行を変換」「リッチテキスト」「Markdown」等のテキストフォーマットを選択できますが、そこに「HikiDoc」形式を追加するプラグインを作ったので、公開します

2009/07/18
公開
2009/10/31
nicovideo プラグインに外部プレイヤー利用オプションを追加
2010/05/31
syntaxhighlighter プラグイン追加

Continue reading

Text::HikiDoc 1.019 公開

二年以上手をつけてなかったという、なかなかの放置っぷりだったけど、やっと bug fix

そのうち CPAN からダウンロードできるようになると思います

今回は、プラグインの bug fix と MT::Plugin::HikiDoc のためにプラグインに機能追加。。。だったんだけど、追加機能のことドキュメントに書くの忘れた orz

MTOS ちょっとづつ (15)

MTOS ちょっとづつ (14)

  • MT::Plugin::HikiDoc で escape_html してるので、グローバルフィルタかけると場合によってはおかしくなる ( &lt; が &amp;lt; になるってことね)
    • MT::Plugin::HikiDoc::Plugin だけ抜き出して他のフォーマットで使うのが Wikish ってことにするかなぁ。。。
  • AutoPagerize が 3 ページめ以降効かんのは、まだ放置中
  • 「日記」なんで日別アーカイブとか長年日記とか欲しいんだけど、再構築重たいなぁ。。。ちょっと再考
  • とかやってるうちに、2008/05 くらいまでコンバート終わり

7 月中くらいには FSWiki から MT に移行して、作ったプラグイン全部公開したいもんだ

MTOS ちょっとづつ (13)

約 4 ヶ月放置してたように見えるが、そんなに放置してたわけでもなくて、

  • MT::Plugin::HikiDoc はほぼ完成だと思う
    • でも footnote を数字連番にしたのは失敗だったかなぁ。。。
  • Text::Wikish というライブラリと、MT::Plugin::Wikish 作った
    • Text::Wikish::Plugin として amazon、gmap、amap、mp3 等作った。gmap は要改良
  • Safari 4 になって、今まで通りだと AutoPagerize が 3 ページめ以降効かん。そのうちタグ見直す
  • カテゴリアーカイブが大変なことになってたので、PageBute いれた
  • とかやってるうちに、2007/07 くらいまでコンバート終わり

そろそろ作らなあかんプラグイン減ってきたな。次は長年日記だな

CPXXXAN プロジェクト

http://googlewhacks.blogspot.com/2009/06/perl-cpxxxan.html

Mint's log で紹介されていた。こういうのはすばらしい

このようなやり方で古いPerlのユーザーを救済するやりかたは美しい

御意

Net::Domain::ExpireDate とりあえず patch 送った

ひさびさに英語書いた。どんな単文でも、ふだんやらんことはしんどいな

OSX の Net::Domain::ExpireDate を .jp でも使う

仕事中にNet::Domain::ExpireDate使おうとしたら、対応コード入ってるっぽいのに .jp で使えなかったので、別の方法で解決したんだが、気になるので、ちょっとやってみた

Leopard だと strptime() が LANG=C じゃないと null 返すのでハマったが、それは後で調べる

Net::Domain::ExpireDate はいじらずに、そのまま使う

use strict;
use warnings;
use Net::Domain::ExpireDate;
use Encode;

my $domain = "haro.jp";
my $whois = Net::Whois::Raw::whois($domain);
$whois = encode('iso-2022-jp', $whois);
my $expdate = expdate_fmt($whois, 'jp','%Y-%m-%d');

print $expdate,"\n";

Net::Domain::ExpireDate にパッチ当てる

でも、こんな感じで普通に使いたい

use strict;
use warnings;
use Net::Domain::ExpireDate;

my $domain = "haro.jp";
my $expdate = expire_date( $domain, '%Y-%m-%d' );

print $expdate,"\n";

さらに、Net::Domain::ExpireDate は、.co.jp や .ne.jp だと使えない
つうわけで、こんな感じ

--- ExpireDate.pm	2009-04-08 17:23:06.000000000 +0900
+++ ExpireDate.pm.new	2009-06-02 22:31:18.000000000 +0900
@@ -124,6 +124,9 @@
     if ($tld eq 'ru' || $tld eq 'su') {
 	return (dates_int_ru( $whois ));
     } else { # 'com', 'net', 'org', 'biz', 'info', 'us', 'uk', 'cc'
+        if ( $tld eq 'jp' ) {
+            eval {$whois = Encode::encode('iso-2022-jp', $whois) if Encode::is_utf8($whois);};
+        }
 	my $expdate = $flags & FLG_EXPDATE ? expdate_int_cno( $whois ) : undef;
 	my $credate = $flags & FLG_CREDATE ? credate_int_cno( $whois ) : undef;
 	return ($credate, $expdate);
@@ -276,6 +279,8 @@
     # [whois.jprs.jp]                   [....]                      2006/12/31
     } elsif ($whois =~ m|\[\x1b\x24\x42\x4d\x2d\x38\x7a\x34\x7c\x38\x42\x1b\x28\x42\]\s+(\d{4})/(\d{2})/(\d{2})|s) {
         $rulenum = 7.4; $Y = $1; $m = $2; $d = $3;
+    } elsif ($whois =~ m|\[\x1b\x24\x42\x3e\x75\x42\x56\x1b\x28\x42\]\s+Connected\s+\((\d{4})/(\d{2})/(\d{2})|s) {
+        $rulenum = 7.4; $Y = $1; $m = $2; $d = $3;
     }

本当にこれでいいか、もうちょっと考えてからパッチとテストケース送ってみる

そうか、Connected とは限らんわな - ひげまる (2009年06月03日 20時25分10秒)
とりあえず報告してみた - ひげまる (2009年06月03日 21時57分34秒)

[ << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

Home > Perl Archive

Feeds

Return to page top