Home > HikiDoc Archive

[ << < 1  2  3  4  5  6 >> ]

HikiDoc Archive

MTOS ちょっとづつ (3)

  • HikiDoc プラグイン作った
    • 基本部分は動いた
    • img タグの部分なんとかせなあかんなぁ
    • Text::HikiDoc::Plugin::(texthighlight|vimcolor) にバグ見つけた。ものすごくベーシックなところなのに 2 年近く気づかなかったのか orz
      • プラグイン作り終わったら機能追加も含めてリリースしよう
    • シンタックス・ハイライト用 CSS も同梱すること
    • Text::HikiDoc::Plugin::* は設定で ON/OFF できるようにするか、全部読み込むか、どうすべぇ
    • 簡易入力ボタンのとこもさしかえなあかんな

MTOS ちょっとづつ (2)

  • Textile や Markdown でも、img タグは img タグなのか
    • HikiDoc プラグイン作ろかと思ってたんだが、MT の流儀がそうなんだとしたら面倒やなぁ。。。とりあえう Textile と Markdown のソース読むか
      • また 1 行も読んでないが、多分イメージ貼付け部分等も乗っ取って Wiki っぽくするような気がするっぽい

Text-HikiDoc-1.018

なんだか Module::Build も inc::Module::Install も操れてない」とか言うててもしゃぁないので、

  • Build.PL やめて Makefile.PL に
  • ついでに POD の間違い修正

をやって 1.018 リリース

いきなり FAIL

あーぁ

なんだか Module::Build も inc::Module::Install も操れてない。

Text::HikiDoc r1_017 公開

Text::HikiDoc r1_017 を公開。「B's Soft」のコーナーからどうぞ

機能的な変更はなくて、Text::HikiDoc::Plugin::texthighlight と Text::HikiDoc::Plugin::vimcolor のリファクタ

Subroutine Text::HikiDoc::_parse_pre redefined

が出てるままリリースして放置してたので、それを直しついでに実装方法も変更

  • Before
package Text::HikiDoc::Plugin::vimcolor;

use strict;
use warnings;

our $VERSION = sprintf "%d.%03d", q$Revision: 1.4 $ =~ /(\d+)/g;

use base 'Exporter';
our @EXPORT = qw(_parse_pre);

use Text::VimColor;

__PACKAGE__->export('Text::HikiDoc', "_parse_pre");

sub _parse_pre {
...
}

1;
  • After
package Text::HikiDoc::Plugin::vimcolor;

use strict;
use warnings;
no warnings 'redefine';

our $VERSION = sprintf "%d.%03d", q$Revision: 1.5 $ =~ /(\d+)/g;

use Text::VimColor;

*Text::HikiDoc::_parse_pre = sub {
...
};

1;

Text::HikiDoc r1_016 公開

Text::HikiDoc r1_016 を公開。「B's Soft」のコーナーからどうぞ。以下変更点

  • プラグイン形式で書式追加できる機能を追加
  • build 時に inc::Module::Install を使うよう変更
  • テストケースを、Test::More から Test::Base に変更

プラグイン機能の追加で、ドキュメント修正してます

本家 hikidoc.rb は 2 ヶ月前にソースコードのハイライトに対応してますが、Perl だけで実装したかったので、こちらでは Text::Highlight もしくは Text::VimColor を利用するように実装。そのため、変換後の HTML が本家と若干違ってしまいました。

非互換部分はプラグインにして影響少なめを心がけましたが、もはや本家との完全互換性とかは無理になりつつあります (^^;

他にもやっときたいことあったんだけど、トドはどんどん増えるし、ひとまず公開ってことで。

そろそろ公開したいがトドが残っている

  • Plugin もドキュメント書く 一応書いた。。。が、不十分
  • 本体のオプション用 setter/getter 書く →まだ
  • Text::Highlight 以外の構文ハイライト系プラグイン作る Text::VimColor 版作った。Syntax::Highlight::Engine::Kateのも作る予定。あと一個作りたいんだが、それは時間かかりそうなので、今回は見送り
  • ライセンス記述がまぎらわしい、絶対勘違いする、との指摘を受けたので、わかりやすくする 書き直した

その他変更点は

  • inc::Module::Install 使うように変更
  • Test::Base 使うように変更

どこかの業界っぽく肉の日リリース目標にしてみる

備忘

忘れないようにトドっておく

  • Plugin もドキュメント書く
  • 本体のオプション用 setter/getter 書く
  • Text::Highlight 以外の構文ハイライト系プラグイン作る
  • ライセンス記述がまぎらわしい、絶対勘違いする、との指摘を受けたので、わかりやすくする

Text::HikiDoc::Plugin 公開することにした

悩んだところで、書いたソースを破棄するわけでもなし。せっかくなので、公開してしまえ。

つうわけで、ドキュメント書く。英語→日本語→英語書き直し という手順を踏むので、ここが一番大変だ。

Text::HikiDoc::Plugin 公開するか悩み中

一応完成したんだが、何を悩んでいるかというと。。。

  • 本家 hikidoc に新機能が追加されたが、Perl 界隈で Syntax Highlight な仕組みにデファクトがあるかというとそうでもなく、選択肢を用意するとなると、plugin による実装がよさそうだよなぁ。。。
  • 今後どういう機能追加があるかわからないけど、ruby 依存な機能追加に対する互換性維持はしんどそうなので、しばし頭を悩ませてから方針決定したい
  • 入れ子対応(plugin 表記の中に plugin 表記)しようと思うと、plugin 表記周りを大きく変更した方がよさそうだなぁ。今の状態で一回公開しておいてもいいが、仕様変更もありえるよなぁ
  • plugin からのアウトプットは、HTML 決めうちだとラクなんだけど、hikidoc 表記にしたい場合もあるよなぁ、きっと。
  • HikiDoc::Plugin でやることの制限がきついと、結局アプリケーション側で全部実装→ HikiDoc の Plugin は不要ということになるよなぁ

というようなことで悩んでいる。具体的には、

  • ins というプラグインを作ってみたんだが、ins って、ブロック要素として使いたいよね。となると、hikidoc 表記で記載したり、プラグイン入れ子にしたりしたいよね、きっと。
    • hikidoc の del の使い方を考えるとそこまで考えなくてもいいのかもしれない
    • ins_start, ins_end という二つのプラグインで対応してもいいのかもしれない

というようなこととかね。

まぁ、しばらく考える。ちなみに、サンプルとして用意したプラグインは、

br
改行タグ挿入
e
数値/文字実体参照挿入
ins
<ins></ins>タグ挿入
sub
<sub></sub>タグ挿入
sup
<sup></sup>タグ挿入

[ << < 1  2  3  4  5  6 >> ]

Home > HikiDoc Archive

Feeds

Return to page top