Home > CVS Archive

[ 1  2 >> ]

CVS Archive

vc.el の使いかた

Emacs 備忘録」に、下記 key-bind を追記。便利。

C-x v d  M-x vc-directory と同じ。dired でマークして一括 C-x vv とか

2 回め以降の checkout

anon-cvs とかでソースもらってくる時、2 回め以降は Update だけ行うんだが、最近やってなくて忘れてたので、メモ的に。checkout の時は実行した階層にディレクトリできるが、Update の時は、そのディレクトリ内に入って実行する

cvs update -d -P

リリース版をつくる

Checkout との違いは、CVS というディレクトリがない点

cvs -d ~/CVSROOT export -r ReleaseTag ModuleName

ReleaseTag をつける

cvs -d ~/CVSROOT tag ReleaseTag (FileName)

ファイルの状態を見る

cvs -d ~/CVSROOT stat (FileName)

更新履歴を見る

cvs -d ~/CVSROOT log (FileName)

作業中のものと commit されたものの差分を見る

cvs -d ~/CVSROOT diff (FileName)

他の人が Commit したものを取得

-D (日付指定) 可能。リストだけみたい場合は -n オプションをつける

cvs -d ~/CVSROOT update (FileName)
cvs -d ~/CVSROOT -n update (FileName)

日付を指定して Checkout

cvs -d ~/CVSROOT co -D 'yyyy-mm-dd' (FileName)

Repository からファイルを削除する

cvs -d ~/CVSROOT delete FileName

[ 1  2 >> ]

Home > CVS Archive

Feeds

Return to page top