Home > 本とか Archive

[ << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

本とか Archive

魔女の宅急便


ニコ動で「海の見える街」弾いたりしてるわりに、ジブリ作品の中ではそこまで強い印象がなかった作品なんだが、子供たちも内容がわかる年齢だし、自分も再発見があるかもしれんし、ってことで見てみた

初見が 20 代前半だったせいか「なんか子供っぽい。。。」という印象があったんだけど、なんか面白かったぞ。今まで損してた気分だ

でも、やっぱり終わり方はもうちょっと余韻が欲しかったなぁ。。。

つうわけで、原作全六巻一気読みフラグたちました。今の積ん読消化したら着手予定

ブレイクスルー・トライアル


アマゾンのレビューでは評価低いけど、そこまでひどくないよ
何度も読みたくなるかというとそうでもないけど、誰も不幸にならない話は好き

物足りないのは、主役級の人以外の背景がちょっと薄いのと、エピローグが。。。ってくらいかね。通勤電車で軽く読むのにはちょうどええです

Portraits


ポピュラーな曲ばっかりなので、これは好物と思って買った

CD は良くもなく悪くもなく、普通だったんだけど、おまけ DVD がアイドルっぽいイメージ映像中心だったのは「え」って感じだった。まぁ、べっぴんさんやとは思うけど、ギタリストやしなぁ。。。。べっぴんさんやけどね。特にこのアルバムは、いい写真ばっかり使ってるしね。。。でも、演奏映像 DVD だと思うよなぁ。。。

ともあれ、うまい演奏聴いた直後は自分の演奏がダメダメでアレですな

debut


嫁が「川のささやき」が良いというので買ってみた。うむ。いい曲だ

盲目だからということで話題になった感はあるけれども、あの笑顔見てたら「ほんまピアノ好きなんやなぁ」と思えて、なんかもう、それだけでいいや

はじまりの歌をさがす旅


数カ月積んであったのを、ようやっと読んだ

川端 裕人さん、きっとギタリストなんだね。ギターや歌、音楽に対する思いがすごく伝わってくる。音楽好きな人、歌うのが好きな人は読んでみるといいと思う

今まさに話題となっている「ウルル (エアーズロック)」も話の中心となっているので、そういう意味でもおもしろいよ

この人とは、趣味がけっこう同じっぽいので (ワシはサッカーより野球だけど)、すごく楽しんで読める。苗字も同じだし、一方的に近いものを感じます

最近はマンガ読み人でした

そのうち大人読みしようと思って放置してあった作品のいくつかを最近消化した

ジョジョの奇妙な冒険


週刊から移動して久しいし、そろそろ読んどいた方がいいかと思って、全巻一気読み
80巻、意外に一気に読めるね。見開きでゴゴゴゴ言うてたりするしね
スティール・ボール・ラン」も長く続くんだろうから、これはもっとたまってから読む

で、面白かったけど、やっぱりバオーアイリンが最高だな

DEATH NOTE


やっと読んだ。これは、ほどよい長さ。これ以上ひっぱったら駄作になってたかもしれないなぁと思いつつ、ジェバンニがやってくれたあたり、結構無理して終わらせたんかあんぁ、とも思ったり
あと、リューク男前

四度目の氷河期

最近マンガ大人読みターンなので、久しぶりの小説

青春小説というか、家族小説というか、そんな感じのよくあるテーマ。舞台もよくある片田舎なんだけど、クロマニヨン人とかやり投げとか、他の小説で読んだことがないような味つけがいい感じ

特別な何かがあるわけではないけど、一気読みしたし、おもしろかった。萩原さんにかかると、中二病もいいお話になりますな

純情


先日GUITAR KOZO」を買った時に見つけた。村下さん、DVD 出てたんやね

ライヴ映像だけど、一般的なライヴ DVD とはちょっと違う
亡くなった後に残っていた映像を編集したもので、最初から DVD 作るつもりで録った映像じゃないので、一曲フルで入ってないのが結構あったりする

でも、彼のライヴに行った事がある人にとっては、懐かしい風景が記録された貴重な DVD
「会いたい人には、無理をおしてもその時に会っておかないといけない」と再認識

GUITAR KOZO


「ギター小僧」なのか、「ギター孝蔵」なのか。両方なんだろうね
村下孝蔵さんのアコギ弾き語りライブ音源アルバム。出てるの知らなかったので、あわてて購入

やっぱりすばらしい。フォークじゃなく、ポップスじゃなく、演歌じゃなく、「村下孝蔵」。しいて言えば歌謡曲

ヒット曲は決して多くはなかった。みんなが知ってそうな村下曲といえば「初恋」「踊り子」「ゆうこ」、それ以外だと、めぞん一刻の「陽だまり」、特選生わさびCMの「この国に生まれてよかった」くらいかなぁ。ちょうど「彼女と海まで車でドライブ。カーステはユーミンとかチャゲアス」な時代だったから、時代にはあわなかったのかもしれない

それでも、死後 10 年以上たっても愛され続けている彼の曲を、まだ聴いたことがない人は聴いてみて欲しい。特に「ギター小僧」には

村下さんが生前出したアルバムは 17 枚。メジャーデビュー前とベストをのぞいたオリジナルアルバムは 13 枚。その後発売されたベスト版の類が、この CD で 13 枚め。亡くなった後に発売された CD が追いついてしまったのは、悲しく寂しくもあるけど、それだけ愛されているんでしょう、きっと

サマーウォーズ


映画じゃなくて、本。なんか、ノベライズされてたんで読んでみた

SF 風味のお話とは思ってなかったよ。おもしろいね。みんなが映画ほめてるのもうなずける
DVD 出たら映画もみよう。楽しみ

。。。といいつつ、時をかける少女は原作とは名前だけ一緒、みたいな感じだったので、これも本と映画は別ものなんかな。。。とちょっと不安。どっちも面白ければいいんだけどね

[ << < 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

Home > 本とか Archive

Feeds

Return to page top