Home > 本とか Archive

[ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

本とか Archive

Kinoppy for Mac アップデートで自炊本も安心して本棚に

先日色々書いた件ですが、先日リリースされた v1.0.1 ですっかり直ってますね。素晴らしい
紀伊國屋書店電子書籍事業部からのお返事も非常に丁寧なメールでした
こういう体験は、ユーザがファンになるキッカケになりますね

つうわけで、

  • 本棚に登録した自炊本が見えなくなる
  • PDF だとフルスクリーン表示が。。。

っていう 2 つの問題点は解消されました

なので、自炊本は PDF のまま本棚に登録すればいいんですが、相変わらず PDF から zip 生成して登録してます
zip だと 1 ページ目の画像が本棚に表示されるんですが、PDF だと画像ではなくファイル名が表示されるんですよね。表紙っぽくなくてちょっとさびしいので (特に漫画は)

[再訂正] Kinoppy for Mac で自炊マンガを読むなら zip が良さげと思ったが、現状書棚には登録しない方がよさげ。。。だったのは今や過去の話

2013/01/09 追記

v1.0.1 で、本棚から本が消える現象も、PDF 表示の問題も解消されました
すばらしい

---

2012/11/23 追記

読むだけならこの通りなんだけど、書棚に登録 (ライブラリにインポート) はしない方がよいかもしれない
登録しても、特定のタイミングで消えるので、労力が。。。
ライブラリにはあるが、書棚に表示されない状態
ウチだけかもしれませんが、紀伊国屋BookWeb に報告はしたので、返事 or バグフィクス待ち


まぁ、表題の通りなんですがね

先日とうとう Mac 版がリリースされた「紀伊国屋書店Kinoppy」、見開きフルスクリーン表示すると、

PDF だと

zip だと

という感じになります。PDF だと画面いっぱいまで引き伸ばされてしまって、最近のワイド画面だと上下ちょんぎれてしまう、と
zip の場合は、購入したものと同様に左右に余白ができます
( 試しになんちゃってで epub3 作ったら論外な感じだったんだけど、これは画像サイズとか epub の作り方とかに問題があると思うので、もうちょっと試してから書く )

つうわけで、zip にすればいいわけなんだけど、SONY Reader で読むのに PDF 化した際に、元画像捨てちゃったのとかありましてね
仕方ないので

brew install xpdf

して

pdfimages -j hoge.pdf hoge/

とかして取り出しましたよ

ちなみに、書店で買った本も自炊本も、ライブラリに追加すると

~/Library//Containers/jp.co.kinokuniya.kinoppy/Data/Library/Application\ Support/Kinoppy/.Contents/

以下に保存されます。深い階層の隠しフォルダなんで、いつのまにか容量食ってたりしそうですね。要注意

思いを届ける。思いを受け取る。

帰宅したら、川端裕人さんから本が届いていた

好きな作家さんと Blog や Twitter を通じて触れ合うことができる世界は、20 年前には思いもつかなかった世界
しかも自分のためにチョイスしてくれた本を頂けるなんて!
この幸せでご飯三杯いける

。。。というようなあたりから、ふと思ったこと
私はアマチュアだけれども、自分の作ったソフトウェアへの言及は、それが否定であっても嬉しいし、音楽活動についても、どんな感想でも、伝えてもらうと嬉しい
プロとして活動されている方は、感想・激励・批判など、絶対数が多くてすべて処理しきれないかもしれないけど、根っこは同じなのかなぁ、と
以前、ギタリスト・川畑トモアキさんとお会いした時も「サイトで演奏を紹介してくれて嬉しい」と、こちらのことを知っていてくださったし

というわけで、自分がふれた本・音楽・その他色々、思いを受け取ったら、自分なりに他の人にも届けていこうと思った

川端裕人の本紹介企画にのっかる

タイトル通りの内容の企画をためしにやってみます。
川端裕人の著作をネット上にて紹介してくださった方で、ご連絡いただいた方に自著をお送りします。なにぶん個人レベルでの零細な企画ですので、やってみたら意外に大変だったなど、なんらかの不都合があれば即座にやめてしまうかもしれませんが、まあできる範囲でぼちぼちと。

via リヴァイアさん、日々のわざ

ということで、大好きな川端裕人さん関連の記事一覧。最近読書記録書いてないので、これを期にもうちょっと書こう

SONY Reader T2 は近年まれな良い買い物だった

みんなが iPhone5 で盛り上がっている時、我が家には「SONY Reader T2 白」が届きましたよ
Palm 時代からシャープのストアにお世話になったり、20 年前の単行本未収録作品をスキャンして保存してたりする電子書籍好きな私ですが、やっと常用できる電子書籍端末がきたなぁ、と

長くなるので、分ける

Continue reading

何度でも読み返したくなる漫画5選 #5manga

漫画が大好き @conchikuwa サンが楽しそうなことを企画されてるんで、のっからせていただきます

それにしても、5 つに絞るのは大変だぁ(ノД`) とりあえず完結してるものから 5 つ

シャカリキ!


狂気をまとった天才主人公代表格。曽田作品は全部そんな感じですが、どれか一つといえば間違いなくこれですね。自分が自転車好きってのもあるんでしょうけど、何度読んでも涙出る
「こんなん坂のうちにはいらへん」とか「ケガしても病院いったら治してくれる」とか、たまらん

修羅の刻


第弐門」好評連載中の修羅の門ですが、どちらか選べといわれるとこちらを選んでしまう。もちろん「修羅の門」があってこその「修羅の刻」だとは思うんですが、ナイス外伝! ってことで

ゴージャス☆アイリン


「ジョジョ」は完結モノかというと微妙だし「バオー」も大好きなんだけど。。。
「わたし残酷ですわよ」
の一言で決まり。もっと続いて欲しかったなぁ。。。

プラネテス


なんていうか、具体的にどう推薦していいのか困る
「好きだから」としか言えない

おもいでエマノン


鶴田謙二は、もう、絵が大好き! でも作品少ない!

次点とか

あさきゆめみし」「蒼天航路」とかも迷ったし、岩明均や手塚治虫もいれたかったし、小山田いくも。。。とか決めるの大変でしたが、実際に「何度でも読み返している」やつを優先ってことで。昔読んだ作品は思い出補正かかってて、実際はそんなに読み返してなかったりしますしね
あと「他の人におすすめできる」「本屋で普通に売ってる」ってのも選考基準にいれました
高橋葉介とかは少しすすめづらいお(´・ω・`)

あー、やっぱ漫画おもしろいわ
今は「ましろのおと」読んでます

コクリコ坂から

振休だったので映画見に行った。子供生まれてから、子供抜きで劇場で映画見るのって初めてかも。つうか、その前は仕事で毎週試写会だったので、完全プライベートってことになると 10 年以上ぶりだな、きっと

「コクリコ坂から」、よかったわー
いくつか疑問点もあったりしたけど(あだ名の由来とか)、総じて良かった。今まで自分の中では
1. 紅の豚 2. ポニョ 3. ラピュタ
だったんだけど、3 位ランクイン
子供たちは、高校生くらいにならないとわからないかもなぁ

で、音楽がまたよかった。早速エンデイングテーマをソロギターアレンジ中
他の劇中曲も、谷山浩子節でよかったです

ききみみ図鑑


「音」がテーマの短篇マンガ集。この本の購入者の 98% はジャケ買いだと思うので、表紙の女の子が気に入ったという人は要注意。ちょっとしか出てこんよ

超感動とか名作とかいうんではなくて、全体的に秀作って感じだけど、読後感はまずまず。「BECK」とか「僕はビートルズ」とかは、おもしろいけど一回読んだら「もういいや」って感じなのに対し、本作は「久しぶりにアレ読んでみよかな」と思い出し読みする類の本ですな。。。ってわかるかな?

最近はもう読んだ本をここに書くことも少ないんだが、コミックビームなんか、ヲな人しか見てないだろうから、普通の人のために紹介しておく

Con Palmas


沖仁の DVD。やっぱりフラメンコは映像があるといいね。同じ曲でも 生 >>>>>>> DVD >> CD くらい
ベタベタなフラメンコはちょっと重たく感じたり、リズムに乗れなかったりするので、この人くらいのが心地良い
「サンパブロ通りの天使達」はマジ名曲なんで、みなさん聴いてみてください

ボトルネック


普段は読んだ本のこと書くのが面倒になってるだが、長いこと日記書いてないと読んだ本のことくらいしか書くことがなくなる。不思議

おもいっきりミステリー扱いで売ってたけど、ミステリーではないな
自分が生まれていない世界にいったら、自分の世界にはいない人がいたり、ちょっとづつ色んなことが違ってたり

パラレルワールドな話だけど SF でもなく、強いて言えばオカルトかな? 怖いわけでもないけど
あー、青春小説ではある

著者は、ものすごく考えてプロット練って書き上げたんじゃないかと思う
でも、ちょっと不満が残る。登場人物が歳相応じゃない気がするからか?
自分が十代だった頃も含め、ワシの周りの十代とはノリが違うんだよなぁ。。。
面白くないわけではない。それだけに、そのあたりが少し残念

[ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 >> ]

Home > 本とか Archive

Feeds

Return to page top