'."\n");?> 2007年5月 Archive - 勤務先と無関係なことを書く日記

Home > Archives > 2007年5月 Archive

2007年5月 Archive

すげぇいい感じだ、E-410

http://olympus-esystem.jp/products/e410/
今日はこんなこと書いてる場合でもないんだが、想像以上に良かったので。今までフォーサーズシステムに対して持っていたネガなイメージが、結構ふっとんだ

良い点

  • ちっちゃ! MF時代の普及一眼レフのサイズ
  • ファインダは格段に見やすくなった。明るいレンズだとそんなに苦にならない
  • 標準ズームもちっちゃ!

悪い点

  • 暗いレンズの時は、相変わらずピントわかんねぇ。もっとザワザワしてほしい
  • 標準ズームのフォーカスリング重た! MFはオマケなんだろうけど。。。

ダブルズームセットで完結させるつもりなら、E-410は非常にいいのではなかろうか

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

サマータイム

読後感よし。中高生向きかな。その頃に読みたかったなぁ。。。と思ったら、月刊MOE童話大賞らしい

どんな賞か知らないけど、MOE らしい

いや、冗談ぬきでよい本ですよ。子供が大きくなるまで手元に置いておく

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

こころにうたを

http://uta.socoda.net/
ワシがこの企画を知ったのは2005年1月21日である。インターネットが一般的になってから干支がひとまわりしてるが、その間知った企画の中では、最高のものだと思っている

「こころにうたを」の mixi コミュの管理人をなんとなく引き受けてから約一年弱。管理人になったからには何かせなあかんかなぁ、と思ってはみたものの、やはり自分自身が歌い続けるだけであった

企画が盛り上がっているかといえば、最近は不自然なくらいひっそりとしているが、そもそも盛り上がるような性質の企画ではなく、静かに、永遠にという感じだろう。きっと自分自身も今後もなにもせずに歌い続けるだけだろう。それでいいんだと思う

というようなことを、久々に mixi でコミュ巡回してて思った

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

里帰り初日

渋滞はいやなので、朝 7 時出発。でも 6 時間かかった。。。この日は特に何もせず、つうか写真撮ってプラプラ

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:03 14:29:18
ShutterSpeed1/40
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize450x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize65 kB

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:03 14:33:43
ShutterSpeed1/20
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize300x450
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize59 kB

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:03 14:35:55
ShutterSpeed1/25
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize450x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize68 kB

あー、なんか写真でかいな。面倒なのでそのまま。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

里帰り二日目・始神(はじかみ)峠

大晦日は馬越峠を登ったので、今回は始神峠へ。紀伊長島側をクルッと回るだけにする

070504_090516.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:04 09:05:16
ShutterSpeed1/320
Aperture4.5
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize70 kB

k070504_105637.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:04 10:56:37
ShutterSpeed1/50
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize79 kB

木いちごをつまんだりしながら、林越しに海を臨みながら、プラプラ

k070504_101551.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:04 10:15:51
ShutterSpeed1/500
Aperture5.6
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize34 kB

発電所のところの駐車場の奥の方から登るのが通常ルートらしいが、逆周り(42 号線越えて反対側から登って、駐車場奥に降りてくるルート)した方が、登りがなだらかで楽チン也

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

里帰り三日目・熊野古道センター

http://www.kumanokodocenter.com/
熊野古道センター」なんていう、数年後寂れそうな香り満点の施設ができたということで、行ってみる

入り口付近の古道チックな石畳。大変歩きづらいので、上まで車で上がった方がいいかもしれない。つうか、年寄りや車椅子の人は、それしか方法ないな。

でも、イベントがない時も上の駐車場使えるのかどうかは不明

070505_091212.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:05 09:12:12
ShutterSpeed1/800
Aperture7.1
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize62 kB

どこでも楽しめる子供たち

070505_092043.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2007:05:05 09:20:43
ShutterSpeed1/8
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize300x200
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize65 kB

翌朝早く出発するよりも、夜の方がよいかもってことで、子供たちが寝るくらいの時間に出発。3時間半でついた。素晴らし。

元喜は、イソヒヨドリ、ツバメ、モズ等、見たかった鳥を全部近くで見ることができて幸せだった模様。次は夏休みだな

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

君たちに明日はない

主人公よりも、むしろ脇役が気になった

いくつになっても可愛い女性は可愛い。幼い頃の「かわいらしい」から恋愛対象としての「かわいい」、茶目っ気があるお年寄りの「かわいい」など、いろんな意味があるけれど

とか

あー、職場でも子供みたいな大人っているよな。プライベートで子供みたいな人はたくさんいるけど、子供みたいに喜々として仕事してる。楽しいんだろうなぁ。今の職場ではみないけど

とか。

ところで、未だにリストラ=首切りという言葉の使い方になじめないワシはダメですか?
参考:Wikipedia:リストラ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ジュリ

って言うたら、アレやね、キキキリンが写真見ながらもだえる。。。ってそれはジュリーや!

とかいう高年齢層向けのボケはともかく、本日退職願が受理された。8月からは新しい会社。有休もできれば消化したいが、仕事のスケジュール的に使いきらんと思うので、使えるだけ使おう

転職理由は
「ただ、ひたすらに、開発がしたい、ワシは。できれば Perl で」
ということで。

心残りがあるとすれば、一回「○○入りたい」メソッド使ってみたかった

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

天才になる!

この人の写真、この人の本、何を見ても何を読んでも楽しいので、語ることはあまりないのだが。。。通勤電車の中で読んでて、股広げた写真が出てきた時は、さすがに焦った

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

リッツ・カールトン20の秘密―一枚のカード(クレド)に込められた成功の法則

全世界のリッツ・カールトンに宿泊するって、ただものじゃないな。あまり文章上手じゃない(失礼)と思うが、そのことでかえって、著者の素直な感動の文章になっていると思った。個人的には、著者のエッセイ的でおもしろかったが、いわゆる「ビジネス書」と思って読むと、ちとがっかりするかも。

  • 20の秘密全てにコメントしてみようかとも思ったが、たいぎいのでヤメ
  • 当たり前のようでなかなかできない「人」に重きをおいた行動、重要
  • 「人が重要」と常日頃から言っていても、いつのまにか感情のこもらない「ヒト」という言葉にすりかわっていたりするとダメダメ
  • 自分の仕事に置き換えるならば「○○はなんとかならないか?」という顧客からの問い合わせに対して「○○をなんとかしてみましたがどうでしょう?」とすみやかに回答できるくらいのサプライズを用意できれば合格か? でも、それがサプライズになるようではまだまだだな
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

二切公園×13=584KB

バードハウスがあるってことで、家族で。お父ちゃんは一人でポタポタ。11時くらいに到着したが、バードハウスは13時から。家に電話して、自分はみんなが到着するまでプラプラすることに決定

公園近くの、行列ができていない方のラーメン屋で昼食。煮卵+ビールで一杯というのに惹かれたが、チャリンコなので諦めて、ラーメンのみ

ボタンインコとコザクラインコは、目のまわりの白い方がボタンインコと考えればいいらしい

インコにかまれた

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

参観日

元喜の参観日。ひらがなの「け」の練習。プリントに「け」を使った言葉を書いて、その絵を描きましょう! 。。。元喜ずっと考え中。(きっと、「け」がつく鳥を考えているな。自分の好きなもん以外は描きたないんやな。。。)と思った。後で聞いたら、やっぱりその通りだった模様

すばらしい.うちの子だったら,思いつかなくて考え中になる予感 - karma (2007年05月16日 20時31分48秒)
親に似て意固地で困ります (^^; - 髭。 (2007年05月18日 22時42分49秒)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

田舎暮らしができる人できない人

田舎で生まれ育ち都会で暮らしている自分としては、「都会暮らしができる人できない人」に置き換えて読んでみたが、結構おもしろかった。自分にとっては、田舎で「あの人はちょっと変わりモンだから」と言われながら暮らすのが一番幸せかもなぁ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

二十四時間

音楽にしても本にしても「ジャンル」というものがよくわからないのだが、この本は「エッセイ」なのだろうか、「私小説」なのだろうか? 実の部分が多いとエッセイで、虚の部分が多いと私小説?

最初は何も考えず「小説」として読んでいたのだが、終盤に近づくと「エッセイ」ぽくなってきたので、ふとそんなことを思った。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

深追い

短編集ということもあって、この人の話としてはサクッと読める部類だが、それでもズッシリ。一つの官舎でこんなに色々なできごとがあるとしたら、日本全体では大変だなぁ。。。でも、ごく普通の家庭である我が家でもそれなりに色々イベントはあるし、こんなもんか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

明日

明日は会社の後輩の披露宴の二次会に呼ばれていて、一曲歌うことになってるんだが、風邪ひいて咳がひどいんし、練習できてないし、どうしようかのぉ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

披露宴二次会

会社の後輩の、披露宴二次会。ちょっと歌う。。。はいいが、芸をやるのがワシだけっていうのはどうよ。その状況自体がかなり痛いぞ。今度から、他の演目聞いた上で引き受けることに決めた。

できばえは、めでたい席では悪く言う人は誰もおらんので、自分の心の内にだけしまっておく

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

風邪

風邪絶好調。子供と自転車の練習の約束をしていたが、寝込む

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

休むつもりだったが結局出社

朝、咳が止まらないので、今日休みます届けだけして、薬のんで爆睡。咳がややおさまったので、何かあったような気がして出社。結局打ち合わせには間に合わず。でも、せっかく出社したので、ちょっとだけテストして退社。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ハードボイルド・エッグ


肌にあったのか、どれを読んでも楽しい荻原浩作品。本作は、今まで読んだ中で一番好きかも。そういえば、フィリップ・マーロウって、原作は知らんなぁ。ちとハンフリー・ボガードのイメージが強すぎるが、今度読んでみるか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

カウント・プラン


警察モノ。警察と言えば横山秀夫イメージがあるが、本作は別の視点で、大変おもしろかった。舞台が大阪で、ちょっとくらいは土地勘があるってのも関係あるんだろうなぁ。この人の本も、もっと読んでみよう

。。。と、作者にこだわらないワシが、最近作者買いし始めたのは、われながらおもろい。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お散歩カメラの大穴

携帯電話各社、夏モデルまっさかりなわけだが、そんな中で注目が、au のW53CA。28mm 広角単焦点! 携帯電話のカメラ機能で 135 換算焦点距離うたってること自体珍しいが、28mm はウリだよなぁ。自分撮り。。。つうか自分達撮りに最適。エソカイカメラ万歳。「ケータイなのにエクシリム。」というキャッチに偽りなければ、いい感じかも。

さて、今まで携帯電話のカメラ機能は屋内では役に立たないというイメージがあったが、これはどうかな?

惜しむらくは、G'zOne でないこと。。。と思ったら、W52CAは生活防水だった。むーん、ワンセグいらね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと

先日に続き、リッツ・カールトン二冊め。前半がリッツ・カールトンについて、後半がそこで著者が学んだことを踏まえながらコンサル、って感じ。

この本自体は特に素晴らしいとは思わなかったが、違う著者によるリッツ・カールトン本を読んだことは良かった。同じようなことを違う人が違う表現で言っているってことは、そんだけ精神浸透してるんだな。

どー見ても「ふつー」のことに見えてしまう「クレド」だが、自分が何を実行してるかって考えると、ふむふむなるほど、という感じだ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

痛飲

元上司と元同僚と呑むべく、京田辺へ。15:00 到着。速攻呑み始める。痛飲。いつのまにか眠ってしまって、気づいたら 22:00。まだ終電大丈夫やな、と電車で大阪へ。。。のつもりが爆睡して、三田の方まで行ってもーた。折り返し無し。タクシー7100円也。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

待ちくたびれた

いつ出るんかさっぱりわからんので、出す出す詐欺呼ばわりされている「SIGMA DP1」だが、秋くらいになるらしい。で、10万円超えるらしい。値段は予想通りだが、そんな先になるんなら、GR-D2 とかも出てるかもしれんし、何だかどうでもよくなってきた。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ご褒美

DP1もいつ発売だがわからんし、今年の夏の自分へのご褒美はチャリンコ系にすることにした。嫁稟議通過。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

発注

到着を待つ。かなり楽しいひととき。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

発表

今まで親しい人と引継ぎ担当には伝えてたんだが、今日の定例部会で、7月いっぱいで辞めることが本部長から発表された。なんとなく心の重しが一つ減った。

後は、伝えたいけどなかなか会えない人数名に伝えるのみだな。できれば口頭で伝えたい。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > Archives > 2007年5月 Archive

Feeds

Return to page top