'."\n");?> 2006年12月 Archive - 勤務先と無関係なことを書く日記

Home > Archives > 2006年12月 Archive

2006年12月 Archive

ご機嫌ななめ

帰宅が遅くて、フィギュアスケート見られなかったので。がっくし。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レフティ

去年の今頃、レフティ仕様のカバンについて長々と講釈たれてたわけだが、どうしてもCrumplerのカバンをあきらめきれず、通常仕様のカバンに慣れるべく特訓したのだ。その甲斐あって、レフティ仕様の方が使いやすいがそうでなくても OK というレベルに到達したので、そのうち買ってるんやろなぁ、クランプラー。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

SANPO x 24 = 1.7Mbyte

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

落葉<del>焚き</del>焚かず

アルコールストーブで飯炊き。枯れ枝燃やして湯沸かし。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:12:03 11:18:32
ShutterSpeed1/500
Aperture8.0
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize225x299
FileSize54 kB

落葉は焚かず。風に舞い散る様子を愛でるのみとする。

炊け具合を親子で確認の図。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:12:03 11:27:00
ShutterSpeed1/500
Aperture8.0
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize300x199
FileSize57 kB

できたら食う。おかずはスーパーで買った鯖缶と鳥唐。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:12:03 11:44:15
ShutterSpeed1/400
Aperture7.1
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize299x200
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize111 kB

焚き火は子供たちがもっと喜ぶかと思ったのだが、わりと普通に楽しんでいた。思うに、花炭作った時は大きな焚き火だったし、実家に帰ればゴミ燃やしたりしてるし、実家のストーブは薪ストーブだし。。。産まれた時から火に慣れ親しんだ子供たちだったなぁ、と今さらながらに気づいた。

親が楽しめば良し!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

軽いのはいいことだ

徒歩/自転車のために小さく軽いものを買ってるのか、小さく軽いものを所有することに意味を持たせるために徒歩/自転車移動なのか、最近よくわからなくなってきているのだが、まぁ、とにかく小さくて軽いことはすばらしいことだ。

で、あまり好きでないメーカーにもかかわらず購入したのがキャプテンスタッグのアルミロールテーブル。写真で、ストーブのせてるやつね。

700g という軽さと、巻き巻きして小さくなるところがポイント。メッセンジャーバッグにちょうどすっぽり。これは気にいった! 半額だったし。つうか、定価だったら買ってないけど。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

じてんしゃ日記

エッセイ好きでマンガ好きで自転車好きだから普通におもしろかったが、条件がどれか一つでも欠けると面白くないだろうなぁ、と思った。

あ、女性チャリダーならではの悩みとかについて書かれてたので、その点は役立つのかも。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

真夜中のマーチ

話に勢いがあるので一気読み。エンディングに物足りなさを感じるが、そのくらいがちょうどいいのかな? とか色々思いつつ、この人は他の作品の方が面白い。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

パーマネント野ばら

あいかわらず切なく優しい。西原さんはなんでこんなに人に優しいんだろうねぇ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ぱいかじ南海作戦

好きではないのになぜか気になるシーナさん。なんとなく南国気分だったので手にとってみたが、普通におもしろいのもいつものこと。実は好きなんかな?

この話に限っていうと、エンディングはちと驚いた。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

SANPO x 8 = 668KB

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

元喜がカニカニカニカニ言うので、今度連れてったるわ、と約束していたので、約束をはたすべく、かに道楽へ。店でかにを食すのは随分久しぶりだな。結婚した時の一族顔合わせで、広島のかに道楽に行って以来やなぁ。つうわけで、10年以上ぶりだ。

ランチメニューですまそうかと思ってたんだが、元喜がナベナベナベナベ言うので、たまには分不相応な昼食も良かろうと、さしみ、焼蟹、なべ、雑炊。旨かったし、子供たちも喜んでいるので良しとしよう。

しかし、結婚して10年、嫁のカニ食い下手さ、というか蟹フォークの使い方が下手なのを初めて知ったのは収穫であった。10年程度では知らないことはまだまだ多い。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

(60,800 - 4,000) * 90% = 51,120

通販はあまり好きではないが、Amazon で買うと安いなぁ、というわけで、結局買いましたよ、「RICOH GR DIGITAL」。この値段なら、明日後継機が出てもまったく後悔しない。

同時購入物

長いこと親父のを借りてたので、半分所有していたようなもの。自分好みにとっとと設定。最強散歩カメラ完成

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

メリーゴーランド

子供も大きくなってきたが、俺ってどうよ? 的な三十代男性公務員が、新しく配置された部署で保身にせいいっぱいの人たちに囲まれて、しかしその中で一緒に行動できる人を見つけながら、本当の自分自身をどんどん出せるようになっていく様子をコミカルに描く。。。という、題材的にはとりたてて言うほどのこともない題材。

でも、良作。ライトに読み進めながら、途中にちりばめられた皮肉や、少し切ないエンディングに考えさせられたり。主人公が自分と同年代ということを割り引いてもおもしろかった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ああ娘

息子も娘も両方いるが、「ああ息子」の方が「あるある!」度が高かった。いや、娘の方はむしろ「ありえへんやろ! どんだけ話作ってんねん!」度高し。。。と感じてる時点で、娘にいいようにやられてますかそうですか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

元同僚の結婚披露

二年くらい会っていない元同僚・猫娘が、結婚披露宴の二次会をやる(結婚式を海外でやったので、二次会以降を日本で)というので、参加。幸せがある場所は良い。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

小さきものへ

重松清という人の本は、多分これが初めてだと思う。今まで、なんの根拠もなく「なんか軽薄そうな話を書く人の気がするので、軽薄な気分の時に読もう」と思いこんでいて、ものすごく軽薄な言動をしたい衝動に駆られたので、読んでみた。

ごめんなさい。全く逆でした。文体は重くないが、話は結構重い。題材が重いわけではないな。どんな題材でも、深い話になるんだろうな、きっと。

。。。というような事を初体験で思ったのだが、さて、別の作品はどんなだろう?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

となり町戦争

うーん。。。うまく言えん。

戦争を経験していない自分が戦争を語ると、「で、結局何がいいたいの?」となったり「そんな事は当たり前です」となったりするんだが、この作品では、上手に表現できているような気がした。うまく言えんけど。

戦争を本当に経験していないのかというと、またそれも違うと思っていたりするのだが、その話は、うまく言えると思った時にでも書くとしよう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

三たび GR DIGITAL

購入したばかりの GR DIGITAL の液晶が突然おかしくなったのが日曜日の晩。初期不良交換品が届いたのが今日。やるなぁ、Amazon。

秋口にはレンズが故障したし、ついこの前、嫁が車の後ろぶつけたし(自損外傷のみ。車としての機能に損傷なし)、なんか最近故障多いなぁ。

。。。会社の当たり付き自動販売機で当たり過ぎたツケがきてますか !?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

忘年会

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

日記一気

やらないといけない仕事はたくさんあるのだが、今日はどうも自分比 50% の出力だったので、早々に帰宅して日記を認める。

まとめて書いてみて思った。ワシ、本に関してはホンマ雑食やな。失敗した! って思ったことほとんどないわ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

椿山課長の七日間

おもしろかった。一気に読んだ。。。が、最後の本の数ページが。。。それがなければ 100 点だったのに、一気に 80 点くらいに。最終章も、ほんと、直前までは良かったんだが。。。本当に、最後の数ページだけが悔やまれる。あれ? って感じ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

SANPO x 10 = 324KB

嫁と夏歌がバレエ見にいったので、元喜と二人で散歩。ハッピーセットのヒコザルが欲しいらしい。たまにはよかろう、とマクドナルドへ。

061223_111414.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

amazon プラグイン改の画像取得が変

リンクはあってるが、へんな画像を拾ってきてるときがある。そういやぁ、ISBN がなんたら ASIN がなんたら言うてた気がするが、その影響か? そのうち直そう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

久々

天気が悪かったり風邪ひきだったりで、一ヶ月ほどまったく乗ってなかったが、久々にちょっと乗った。つってもカルフールまでの 30 分だけど。

帰り道、小学生高学年数人組。買ってもらったばかりと思しきピカピカの真っ赤な MTB が一台。微笑ましく思いながら、こっちは車道なので、横を通り過ぎていったのだが。。。なんか、赤い物体が必死で追いかけてきてるし。

そんな必死で追いかけられても困るし、危ないので、バス停付近のちょっと広くなっているところで、一時停止。所在なげに追い抜いていった真っ赤な MTB は、なにやらジタバタしている。。。あぁ、ジャックナイフか。。。タイヤ上がってないし、車通ってるとこでは危ないからやめとき (^^;

きっと、買ってもらったばかりの自転車が嬉しくて、ええ年のおっさんが MTB に乗ってるのがウザくて、抜かされたのが悔しかったのだろう。生意気ざかり、大変微笑ましい。うちの子供たちも、あと数年だなぁ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クリスマス

元喜へのプレゼントは遊戯王のカード。福島の従兄弟といっしょに遊ぶらしい。夏歌は、磁石のおもちゃ。ブロック類大好き。お父ちゃんは、三人が作ったクリスマスケーキでいいや。

子供達のリクエストでクリスマスソング何曲か歌う。二人ともたくさん歌いたいのだが、歌詞が思い出せなくて歌えない。時期はずれになるが、CD 買ってあげることにしよう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

サンタ

二人の子供たちのところにポケモンカードを運んできてくれたサンタクロース、ありがとう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アヒルと鴨のコインロッカー

現在と過去を交互に描く、よくあるパターンではあるのだが、これがはまった。大変楽しめた。なんだか、優しく生きるってのは大変だ。

結構重要な位置づけでボブ・ディランの曲が登場するが、これがまたピッタリだなぁ、と思った。ビートルズではダメ。ジョン・レノンはありかもしれんが、ちょっとありきたり。ブルース系だと雰囲気あってるけど、中高校生が好んで聞くとは思えないし(=話に無理が出てくる)、多分大多数の読者に伝わらない。ボブ・ディランだからズバリなのですよ。

次は「重力ピエロ」かなぁ、、、と思いながら後書き読んでたら、この人、「陽気なギャングが地球を回す」の人だったのね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

里帰り

関あたりで軽く吹雪かれ、それに気をとられて伊勢道に入るのを忘れ北上しそうになったりしたが、まぁ、無事に帰り着いた

061229_124933.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:29 12:49:33
ShutterSpeed1/50
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize300x200
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize83 kB

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

二周年

過去の日記によると、マインドマップをやりはじめて二年たったらしい

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

里帰り二日目・エビ→薪→七五三縄

ゆでられる前の伊勢エビを見届け、

061230_083819.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:30 08:38:19
ShutterSpeed1/30
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO125
ImageSize300x199
FileSize41 kB

ストーブ(こんなの)用の薪を拾った後、山を散歩。なんだかおめでたい檜を愛でる

k061230_104015.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:30 10:40:15
ShutterSpeed1/250
Aperture3.5
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize91 kB

帰宅後は、七五三飾り

061230_152201.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:30 15:22:01
ShutterSpeed1/30
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO88
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize59 kB

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

馬越(まごせ)峠

生まれ故郷の山道が世界遺産になったことだし、せっかくなので登ってみる。

馬越峠は、小学校区では向こう隣、中学校区では隣なので、子供の頃の遊び場ではなかったが、生活エリア内。ほどなく到着

我が子らは健脚。どんどん登って見えなくなる

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:31 09:36:05
ShutterSpeed1/20
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize81 kB

夜泣き地蔵で休憩。夜になると泣きだす怪談地蔵ではなくて、哺乳瓶を供えることで子供の夜泣きがおさまる、ありがたい地蔵

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:31 09:40:31
ShutterSpeed1/8
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize300x200
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize81 kB

根っこ、いい感じ

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:31 09:55:21
ShutterSpeed1/10
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO154
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal2176x3264
FileSize62 kB

もっと登ると、天狗倉(てんぐら)山の頂上だが、弁当も持ってきてないし、今日は馬越峠の頂上まで

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:31 10:33:21
ShutterSpeed1/25
Aperture2.4
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO81
ImageSize300x200
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize86 kB

山は遊び場。つい草木で遊びそうになるが、世界遺産なので、そんなことしたら叱られます。いいんだか悪いんだか

MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:12:31 11:06:11
ShutterSpeed1/160
Aperture2.8
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ImageSize200x300
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize81 kB

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2006/12 集計

Tm 1:07:14 Dst 18.03 Av 16.1 Mx 99.7 Odo 1557.5
結局、一回しか乗らなかったなぁ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ゆく年

2006年最後の夜は格闘技。桜庭が何か言ってるなぁ、船木がチェックしろと言ってるなぁ、と思ってるうちに秋山がたこ殴りにして勝利。レフェリー、何のためにおるねん。あんなタコ殴り、危ないやろ。最悪の格闘納め

でも、その後見た神楽の番組はよかったよ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > Archives > 2006年12月 Archive

Feeds

Return to page top