'."\n");?> 2006年7月 Archive - 勤務先と無関係なことを書く日記

Home > Archives > 2006年7月 Archive

2006年7月 Archive

DA21 お試し中

嫁が散髪に行ってる間、子供連れて散歩。DA21mm試し中。
散歩中&広角レンズということで、ノーファインダ撮影多いので縦位置ばっかりだな。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:01 10:33:12
ShutterSpeed1/400
Aperture7.1
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize90 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:01 10:29:16
ShutterSpeed1/125
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize42 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:01 10:32:59
ShutterSpeed1/125
Aperture6.3
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize41 kB

今日のところの DA21mm の感想

  • DA40mm に比べると、色のりはあっさりめ。まぁ、DA40mm がこってりめだからねぇ。
  • 換算 31mm くらいってのは、びみょーな焦点距離だな。換算28mm の感覚だとちと狭いので、一歩引かないといけない。慣れなんだろうけど、画角は換算 28mm の次は換算 50mmくらいがいいなぁ。間の焦点距離はいらね。
    • つうことは、18mmくらいと と 35 mm くらいがベストということか。21mm と 40mm だと、ちょっと望遠寄りになるので、いつもより半歩から一歩引き気味を心がけるか。。。
  • ホワイトバランスはいつも昼光固定で撮ってるんだが、他のレンズに比べ、ちょっと色かぶり激しい気がするので、しばらくオートで使ってみることにした。
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

DA21mm 試し中 〜花に寄ってみる〜

いつもの服部緑地植物園にて。広角=寄れるってことで、花に寄ってみるテスト。ついでに、絞り開放でのボケ具合も見てみる。

紫陽花 x 2 は露出アンダー気味だったのでちょっとだけ持ち上げたけど、最後の 1 枚は撮って出し。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:02 14:09:58
ShutterSpeed1/320
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize34 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:02 14:12:59
ShutterSpeed1/400
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize38 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:02 14:33:34
ShutterSpeed1/800
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize299x200
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize94 kB

ボケは二線ボケ気味になることもあるが「ウゲッ!」ってほどではなく、まぁこんなもんか、という印象。寄りは十分でしょ。

個人的には、散歩用メインレンズは DA21mm、花とか撮るかもね散歩の時は DA40mm + クローズアップをメインに、という感じですが、どうでしょう?

でも、まぁ、あれだ。DA21mm 購入したら GR-D 使わへんやろなぁと思ってたのはまったくもって予想通りだったが、それでも「一眼レフ持ってくのもなぁ。。。」って時があるわけで、そういう時は GR-D がいいわけで、つうか、早く GX8 の後継機出してください > Ricoh さん。高級機所有で物欲満たすような趣味はなくて、実用機を使いつぶしていきたいっていう、ワシのような人間は少ないんだろうか? 使いつぶして 1 〜 2 年で買い替えていくので、商売になると思うんだが。

あ、でも、1 年で本当に壊れた R1 の脆さもどうかと思います > Ricoh さん。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

洗車

朝から雨が降ったりやんだり晴れたり曇ったりあやしい天気だったが、自転車に乗りたかったのでプラプラ。帰ってきたらスカッと晴れたので、ひさびさに洗車(いつもは乾拭き)。

んー、ワイヤーやチェーンって、どのくらいで交換すべきなんだろうか? ワックス買うついでに、近所のチャリ屋めぐってみるか。購入店(チャリンコで 30 分)まで行けばいいんだが、やっぱり、近所で相性のいい店を探すべきだと最近思ってるので。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

HikiDoc を使った WEB アプリケーション (9)

そろそろ記事の編集画面作らないといけないんだが(でないと自分で使えない)、その前に思いついたのでメモ。

画像などのファイル添付機能は実装しない。flickr 等の Plugin を作って、画像表示はそれで対応することにする。なぜかというと、画像を添付するとその画像を管理したくなるわけだが、今作ろうとしているアプリの主役は文章なので、それ以外の機能は肥大化させたくない。画像管理するアプリが必要なら別途用意すればいいわけで。

ちょっと Web2.0 的ですか? わはは。単に怠け者なだけだ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

HikiDoc を使った WEB アプリケーション (10)

そろそろ記事の編集画面作らないといけないんだが(でないと自分で使えない)

ということで、作った。最低限の機能はそろったので、次は整理・再構成。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

TL というフレームワーク

http://tripletail.jp/
ふむ。日本人の日本人による日本人のためのフレームワークという雰囲気だな。つうか、今日公開ですか。後でじっくり見てみよう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

のんびりポタポタ

なんか晴れてるなぁ。。。あ、曇ってきたなぁ。。。うーむ。。。まぁいいや、でかけよう。

とりあえず箕面方面へ。高校のあたりの坂、前は 42×23で登ってたんだが、今日は42×20で普通に登れた。42×17で座ったまま登れるようになったらシングル検討開始。検討期間はきっと長いはずなので、その間に 42×15で登れるようなる。。。だろう、きっと。

で、久しぶりに箕面のカルフールへ。つうかカルフールには用はない。スポーツデポ→モンベル→田村書店で油売り。スポーツデポで自転車用油買い。モンベルで配布しているエイ出版のフリペ捕獲。

なんか聴いたことがある曲だなぁ。どこのバンドがやってるんだ? と思って見にいったらSHALE APPLEというバンドらしい。13:00 からの演奏に向けてセッティング中。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:08 11:41:15
ShutterSpeed1/200
Aperture5.6
FocalLength40.0 mm
ISO200
ImageSize300x199
FileSize50 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:08 11:42:56
ShutterSpeed1/250
Aperture7.1
FocalLength40.0 mm
ISO200
ImageSize300x200
FileSize41 kB

ずっと見ていてもしゃぁないので、ロマンチック街道の「hygge」でハンバーガ調達して、河原で昼食。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:08 12:26:56
ShutterSpeed1/320
Aperture7.1
FocalLength40.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize42 kB

水遊びが気持ち良さそうだ。子供とくればよかったなぁと思いながら、川沿いに豊中方面へ。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:08 12:59:49
ShutterSpeed1/500
Aperture8.0
FocalLength40.0 mm
FocalLength13560.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize94 kB

ぷらぷらと4 時間くらい。ひさしぶりののんびりポタだった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

しょーこりもなくカバン

もともとカバンスキーなわけだが、また買ってしまったよ。チャリンコ乗り始めて以来、手持ちのカバンでは満たせない要求が多いのだ(言い訳)。ここ一年くらいの購入履歴を見ると。。。

ブラパチ日記/2005-8-4 ...newswear Documentary Chest Vest到着
ブラパチ日記/2005-12-1 ...Timbuk2到着、早!
ブラパチ日記/2006-3-25 ... シクロバッグを求めて街ポタ

四半期に一度購入してますな。で、今回はこれ。Arc'teryx(アークテリクス)Q10。色はガーネット。

Q10-Garnet.jpg

このカバンにたどりつくまでの道のりは長いが、まぁ、せっかくなので読め。

  • キャリアバッグは普段大げさ
  • Documentary Chest Vest はカメラ以外入らない
  • Timbuk2 は夏は暑い
  • シクロバッグは段差越える時ハンドル重い

とさんざん手持ちのカバンに文句をつけて、買う理由を見つけて、

  1. ウエストバッグはたくさん持ってるが巨大なヒップバッグは持ってないよな
  2. 帆布のやつとかもかっこいいが、山歩き時やチャリンコ時は機能性重視でないと痛い目にあう、ということは今までたくさん経験済。ちゃんとしたアウトドアブランドのを買いましょう
  3. モンベルとか安くてよいが、店頭でながめてみて、デザインをどうしても受け入れられなかった
  4. よし、ちょっと高いが、前から欲しかったし。。。さぁ買うぞ! DANA DESIGN(デイナデザイン)Lone Trail
  5. DANA DESIGN 自体が a-born しています。本当にありがとうございました orz
  6. 消耗品をプレミア価格でオークションで買うほど酔狂ではないので情報収集
  7. Arc'teryx も評判良さげ
  8. 日本の店、軒並み売り切れ
  9. アメリカのショップには「Arc'teryx は日本には売らないんだごめんね」と言われ
  10. 「Arc'teryx は正規に扱ってるのはIBS 石井スポーツだけ」らしい

。。。IBS って梅田にあるじゃん!
で、行ってきた。4つほど転がってた。サイズ的には概ね想像通り。黒を買うつもりだったが、店頭でみたらガーネットも良さげだったのでそっちにした。13,000円くらいで買えた。めでたしめでたし。

来四半期には「このヒップバッグでは大きすぎるな」とか言い出す方に100カノッサ。

とりあえず、明日から通勤カバンもこれにしてみるか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Test::WWW::Mechanize

まぁ、だまされたと思って使ってみるがよろし。つうか、今さらですねごめんなさい。

t/01-dummy.t

use Test::More 'no_plan';

BEGIN { use_ok('Test::WWW::Mechanize') or exit; }
my $mech = Test::WWW::Mechanize->new();
my $page = 'http://haro.jp/path/to/app.cgi';

$mech->get_ok($page,'GET app.cgi');
$mech->title_is('PageTitle', 'app.cgi title is PageTitle');

で、

prove -v t/01-dummy.t

とかする。結構依存関係あるが、インストールは何回もするわけじゃないし。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

CGI::Application で、REQUEST_METHOD で dispatch したい

今日は今さらなネタばかりなんだが、最近 REST が気になる。で、CGI::Application で、REQUEST_METHOD に応じて AutoDispatch して欲しいのだが、 CGI::Application::Dispatch にはそういう機能はないっぽい。

欲しいもののイメージ

sub run_mode0 : START {
}
sub run_mode1 : GET {
}
sub run_mode2 : POST {
}

START は GET 決め打ちでいいでしょ、きっと。

いや、こっちのイメージかな

sub get_run_mode1 : START {
}
sub post_run_mode1: RUNMODE {
}

prefix で request 振り分け、attribute で runmode を指定。

で、まだ問題があって、普通の WEB Browser は GET か POST だけだし、JavaScript でリクエスト出すにしてもレンタルサーバだと PUT とか DELETE とか受けてくれなかったりする。パラメータで渡すとか HTTP header になんかいれるとかして「なんちゃって REST」みたいにするしかないのかな?

となると、その部分も CGI::Application がよしなに処理してくれるとうれしいわけだ。むー。誰か作ってないかな。探してみるか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

CGI::Application::Plugin::DispatchRequestMethod 作ってみた

昨日の続き。
CGI::Application::Plugin::AutoRunmodeCGI::Application::Plugin::ActionDispatch を参考に書いてみた。他にもいろいろ参考にしてるので、コピペ祭りの様相

package CGI::Application::Plugin::DispatchRequestMethod;

use strict;
use warnings;
use base qw(Exporter);
use Class::Inspector;

sub import {
    my $caller = scalar(caller);
    $caller->add_callback('prerun', ?&_prerun_callback_test);
    goto &Exporter::import;
}

sub _prerun_callback_test {
    my $self = shift;
    my $class = ref $self || $self;

    # initialize runmode                                                                                            
    my %runmodes = $self->run_modes();
    my $request_method = uc($self->query->request_method);
    for my $method_name ( map {${$_}[2]} @{Class::Inspector->methods($class, 'expanded','public') || [[]]} ) {
        next if exists $runmodes{$method_name};
        if (
            ( $method_name =~ /^post_dispatch_(?w+)$/ and $request_method eq 'POST' )
            or
            ( $method_name =~ /^put_dispatch_(?w+)$/ and $request_method eq 'PUT' )
            or
            ( $method_name =~ /^delete_dispatch_(?w+)$/ and $request_method eq 'DELETE' )
            or
            ( $method_name =~ /^get_dispatch_(?w+)$/ )
           ) {
            $self->run_modes( $1, $method_name);
        }
    }
}

1;

使い方は大体こんな感じ。

package MyApp;
use strict;
use warnings;

use CGI::Application::Plugin::Dispatch

sub setup {
    my $self = shift;
    $self->start_mode('default');
    $self->run_modes(
                     AUTOLOAD => 'get_dispatch_hoge',
                    );
}

sub get_dispatch_hoge { # GET /MyApp/hoge の時実行
    my $self = shift;
        .
        .
        .
        .
    return $self->tt_process or die $self->tt_error;
}

sub post_dispatch_hoge { # POST /MyApp/hoge の時実行
    my $self = shift;
        .
        .
        .
        .
    return $self->tt_process or die $self->tt_error;
}

run_mode が hoge の時、REQUEST_METHOD によって get_dispatch_hoge、post_dispatch_hoge、put_dispatch_hoge、delete_dispatch_hoge をそれぞれ実行する。put_dispatch と delete_dispatch は、現状 XMLHttpRequest 用だな。

なんか Attribute の指定はいらんような気がするし、HTTP header になんかいれるのを汎用化するいい方法を思いつかないし、当面これでいいか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

空港の正面から飛行機を愛でる

別に飛行機好きじゃないけど、行くまでは気持ちいい。あまりの暑さにとっとと退散したけど。

Google マップで全体を。
(「ブラパチ日記/2006-7-16」と同じような道のりなので、こっちの地図は削除)

ALPS slide! で道のりを。
(「ブラパチ日記/2006-7-16」と同じような道のりなので、こっちの地図は削除)

これで大体 1分半おきのトラックキング。au の携帯電話だと、もうちょっとくらいは短くしてもいけると思うが、この程度が限界かなぁ。。。むー、たまにこういう遊びをするためだけにポータブル GPS ってのもなぁ。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

萩多遊その後

去年の今頃気にしていた萩多遊の続報。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=33553
http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=529341

一応ご参考に。【はぎたゆう】さんの作品リストです。
毎年のように名前を変えているのが特徴ですw

1985 ※この年は「萩田遊」名義
BCスピリッツ1〜3号 コミック・パフォーマンス劇場 71P
BCスピリッツ21号   コーラスガール 21P
1986 ※この年は「萩多遊」名義
BCスピリッツ15号 石になってしまったっ!! 20P
BC11号 ロバート 20P
1987 (資料行方不明の為不明)
1988 ※この年は「萩田遊」名義
BCスピリッツ1/20増 二番目に好きな人 20P
BCスピリッツ7/7増 DINKS 22P
 BCスピリッツ11/9増 自由に平等 24P
1989 ※この年以降「萩多遊」名義
SUPERジャンプ増刊 本日も晴天なり 28P
SUPERジャンプ7月号 男のさしすせそ 25P
1990(発表作品なし)
1991
Mr.ラビング3号 黙って俺についてきな 15P
SUPERジャンプ5月増 かけはぎのひと 25P
1992−1994 (発表作品なし?名前見つからず)
1995
SUPERジャンプα2,4,6号 かけはぎのひと 75P
COMIC ALLMAN11号 かけはぎのひと 25P
1996 ※この年は「萩多広志」名義
COMIC ALLMAN5号 かけはぎのひと 25P
COMIC ALLMAN7-24号 ポチ、つれていこう! 175P 

1997年以降は見つかりませんでした。

単行本は1冊発売されていました。(絶版_下記URL参照)
因みに名義は、萩田広式となっています。

だそうな

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今日も猪名川。いいなぁ、猪名川

昨日と同じような道のりだが、機能は暑さにやられたので、今日はもうちょっとだけ足を伸ばす。ちょっとだけど。ほんとに同じような道のりなので、地図もこっちに持ってきた。

Google マップで全体を。

ALPS slide! で道のりを。

34/48/42.402,135/25/09.213 34/48/35.408,135/25/12.204 34/48/22.383,135/25/21.151 34/48/12.457,135/25/32.145 34/47/55.416,135/25/38.156 34/47/41.458,135/25/37.127 34/47/38.446,135/25/44.150 34/47/42.417,135/25/55.184 34/47/40.433,135/25/52.146 34/47/32.422,135/25/43.129 34/47/13.405,135/25/45.145 34/46/57.381,135/25/46.150 34/46/45.393,135/25/48.216 34/46/29.375,135/25/55.181 34/46/16.397,135/26/04.126 34/46/04.396,135/26/15.198 34/45/59.437,135/26/32.131 34/45/58.386,135/26/53.125 34/45/50.392,135/27/11.220 34/45/37.457,135/27/24.142 34/45/37.418,135/27/28.191 34/45/39.382,135/27/29.153 34/45/55.373,135/27/30.182 34/45/54.455,135/27/33.138 34/45/54.437,135/27/56.224 34/45/56.373,135/28/12.162 34/46/02.380,135/28/15.192 34/46/05.367,135/28/15.207 34/46/15.370,135/28/20.146 34/46/22.442,135/28/25.187

猪名川と箕面川の合流地点あたりは、湾処を作って色々実験?というか、生物が帰ってくるような試みをやっているらしく、調査をやっているような人も見かけた。雑魚見つかるかな、と思って川を覗きこむも、残念ながら見つけられず。でも、トンボが飛んでるってことはトンボが産卵できるような澱みがあるのだろう。

まぁ、そんなことは関係なく、晴れた日の川は気持ちよい。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:16 11:46:11
ShutterSpeed1/800
Aperture8.0
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize31 kB

猪名川沿いに北上すると、176号沿いとは比較する気にならないほど快適に池田市まで到着できる。今日は暑さは大した事なかったし、そのまま五月山公園まで行こうと思ったが、子供と約束があったので早々に帰宅。元喜は昨日幼稚園の泊まり保育だったので、あまり遊んでないし、今日は約束通り帰ろう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

雨散歩

最近は子供たちもなかなか近所の散歩にはついてこないのだが、雨の日は楽しいらしい。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:17 11:19:24
ShutterSpeed1/60
Aperture4.5
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize105 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:17 11:26:49
ShutterSpeed1/60
Aperture5.0
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize101 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:17 11:48:07
ShutterSpeed1/60
Aperture4.0
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize29 kB

大した写真も撮れなかったが、子供たちと遊んだのでヨシということにして帰宅。

今履いてる靴がそろそろ限界なので散歩中はサンダル履きだったんだが、通勤はそうもいくまいってことで、靴を買いに出かける。雨ふりなのでチャリンコってわけにもいかないし、雨ふりの午後に車なんかで出かけたら、車止めるのに大変なめにあうのはわかってるし、電車で行けるところってことで、梅田へ。モンベルがソフマップかなんかがあったところに移転して大きくなっていた。やっぱりモンベルのデザインは。。。と思いつつも、靴ばっかりは形が合わないとどうしようもないので、仕方なくモンベル。それにしても、客によって接客態度が違い過ぎやぁせんか? 腹がたつほどではないが、ちょっと気になった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

モノクローム

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:02 14:00:00
ShutterSpeed1/500
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize23 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:02 14:09:20
ShutterSpeed1/160
Aperture5.6
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize25 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:15 10:35:18
ShutterSpeed1/640
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize28 kB

すべて DA21mm

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

コウモリさん

今日の夕刊で見かけた話。検索してみると、もう一ヶ月も前のニュースらしい。

空を飛ぶ哺乳(ほにゅう)類、コウモリはウマやイヌと近い仲間で、サルやネズミとは縁遠いことを東京工業大の岡田典弘教授らがDNAの解析で突き止めた。米科学アカデミー紀要の今週の電子版に発表する。

気になるのは、あっちいったりこっちいったりして鳥にも獣にもいやがられたコウモリさんがこの事実を知っていたとしたら、どういう行動に出たんだろうか? ということではなくて、DNA 解析とか進んでいって、ダーウィンの進化論くらいインパクトのある発表があるかなぁってこと。

DNA 解析でもわからない部分が出てきて、それを解き明かすために科学がもっと進歩したり、やっぱり神は存在するという論が活発になったり、神の存在が証明されたり、そういうのを希望。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Odds

自転車好きだし、石渡治好きだし(「火の玉BOY」も「BB」もいいよね。あぁ、「スーパーライダー」ってどんな話だったっけ。好きだったことしか覚えてねぇ)、期待はしていたわけだが、やっぱりおもしろい。。。けど、競輪側からのテコ入れとかあり過ぎるとイヤーンな方向になる危険性が。ドロップハンドル見ると「あ、ケーリンの選手だ!」と思っていたガキの頃の自分、というかそういう一般の人が読んでも面白いというスタンスのままで続けて欲しい。専門的になり過ぎると単なるマニアックなマンガになってしまってつまらん。

とか言いながら、一番心配なのは途中で傭兵になっちゃうんじゃないかということだったりする。まぁ、自転車だし「あなた青い血が流れてますね」みたいな人は出てこないだろう、きっと。

あ、あと、LOVE のような萌え、でもないような気がするが、あぁいう要素もいらないので、混入しないことを望む。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

シャカリキ!


で、熱めの自転車マンガ読んでたら久しぶりにこれが読みたくなった。。。が、もう手元にはない! ので買い直し(3度目。アホや。今度は手元に置いとく)。

曽田正人もいいよね。「め組の大吾」もよかったし、あぁそういえば「」は途中までしか読んでないや、どうなったんだろう。。。

。。。と、常に熱いマンガを書き続ける曽田さんの初期(だと思う)作品。ラーメンセット食べながら毎週楽しみに読んで、ラーメン屋が暑いかマンガが熱いか知らんが、大汗かいてたのを思い出した。

別に自転車知らなくても楽しめる。この人の作品が自分の何かを揺さぶるのは、主人公がなんか知らんが遮二無二「一番」を目指しているからかもしれない。

あまりの熱さに、目から心の汗が出たりするので注意。

曽田正人好き!カペタもいいスよね。と思って今ぐぐってみたら、アニメになってた。びっくり。 - 温泉 (2006年07月21日 23時35分09秒)
おぉ、気があいますなぁ。カペタ、全巻大人買いの楽しみとして残してます。とりあえず、昴を何とかしよう。 - 髭。 (2006年07月22日 00時00分30秒)
私も昴どうなったのかと思っていたら、今後の展開で編集者と対立したらしく、休載中らしいっすよ。と、wikiにかいてあった。 - 温泉 (2006年07月23日 02時51分51秒)
ぬぉ。そうだったのか。。。でも、再開の意志アリみたいなので、楽しみに待ってみよう - 髭。 (2006年07月23日 12時22分37秒)
http://www.sodamasahito.jp/diary/index.cgi?action=article&year=2006&month=6&day=13 - 髭。 (2006年07月23日 12時22分59秒)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

apache のソケットファイル

BSD ってわけでもないが。。。まぁいいや。
apache が受け取ったリクエストボディはソケットファイルに入るのかなぁ、と想像したまではいいが、ソケットファイルってどこにできるんだ?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

画像の暗号化

と聞いて「画像ファイルを暗号化?」と思ったらこういうことだった

報道写真に限らず、施行進捗確認画像や点検データなど、撮影時から改ざんされていないことを証明すべき写真なども、暗号化によって守られるべき画像です。被写体のプライバシーの観点からも、通信路にある画像の暗号化は不可欠な機能です。暗号化技術により、情報漏洩のリスクを大幅に低減することが可能となりました。

トリノ五輪でも使われたそうで、頭を柔らかくしないとなぁ、と思った。でも、暗号化とか証明書とかは、なんだか性悪説チックで苦手だ。まぁ、ワシは性悪(しょうわる)かもしれんけどな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

短距離は自転車が時短

晴れ。昨日までずっと雨、明日からも雨らしい。貴重な日光を浴びに出かけようということで、ワシと元喜は自転車で植物園へ。嫁と夏歌は後で自動車で。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:22 11:12:43
ShutterSpeed1/800
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize300x199
FileSize33 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:22 11:20:02
ShutterSpeed1/100
Aperture5.6
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize299x200
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize100 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:22 12:47:31
ShutterSpeed1/125
Aperture6.3
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize36 kB

地面が水を蓄えてフカフカして変な感触。そんな芝生の上を元喜と二人で転がって遊ぶ。大変気持ちよい。虫とりも好調。ナツアカネ、チョウトンボ、ショウリョウバッタ、カマキリなどたくさん。

帰りは同時にスタート。3km 弱なので自転車の方が早いんとちゃうかと思ってたら、やっぱり自転車の方が早かった。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ディレクトリツリーを使った設定ファイル管理・その 1

会社で相談を受けた。その場での結論としては「まぁ、どうにでもなるよね」って事だったんだが、せっかくなので書き残しておく。

例えば、こんな構造だとする。

/path/to/config/
                      app00/
                                license.txt
                                id.txt
                      app01/
                                license.txt
                                id.txt

で、こういう設定情報を一括でパッと取得したり、パッと更新したりしたいわけだ。らくちんな方法はないかな、と思ってちょっと考えて、File::Slurp::Tree を使ってみた

use File::Slurp::Tree;
use Data::Dumper;
my $tree = slurp_tree('/path/to/config');
print Dumper $tree;

実行結果

$VAR1 = {
          'path' => {
                      'to' => {
                                'config' => {
                                              'app00' => {
                                                           'id.txt' => '10',
                                                           'license.txt' => '1'
                                                         },
                                              'app01' => {
                                                           'id.txt' => '0',
                                                           'license.txt' => '0'
                                                         }
                                            }
                              }
                    }
        };

/path/to/config/app00/license.txt の内容が欲しければ、

$tree->{path}->{to}->{config}->{app00}->{'license.txt'};

とかでアクセスすればいい。

保存する時は

$tree->{path}->{to}->{config}->{app00}->{'license.txt'} = 100;
spew_tree('/path2', $tree);

とかすると /path2/path/to/.... に全部保存してくれる。ディレクトリが存在いない時は勝手に作る。指定したディレクトリ以下に作ることに注意。上書きしたい時は

spew_tree('/', $tree);

とかする。/path/to/config とすると、/path/to/config/path/to/config/... となるよ。

で、$tree をそのまま上書きすると、値を変えている/いないにかかわらず全部のファイルが更新されるので、それが嫌な場合は、

$tree_new->{path}->{to}->{config}->{app00}->{'license.txt'} = $tree->{path}->{to}->{config}->{app00}->{'license.txt'} + 10;
spew_tree('/',$tree_new);

とかするとよい。ディレクトリ構造がそのまま HASH の構造になっているのでらくちん。

それから、当たり前のことではあるが、「license.txt には数字しか入ってないし」とか考えて改行コード除去するの忘れたりしないこと。

まぁ、実際に使うとしたら、ディレクトリ階層全部手入力する必要もないだろうし、typo の危険もあるし、必要なことだけ渡す関数作ってそれ経由でアクセスでしょうな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ディレクトリツリーを使った設定ファイル管理・その 2

File::Slurp::Tree の slurp_tree は、File::Find::Ruleを利用して取得するファイルの絞り込みも可能

my $rule = File::Find::Rule->name('license.txt');
my $tree = slurp_tree('/path/to/config', (rule => $rule));
print Dumper $tree;

実行結果

$VAR1 = {
          'path' => {
                      'to' => {
                                'config' => {
                                              'app00' => {
                                                           'license.txt' => '500'
                                                         },
                                              'app01' => {
                                                           'license.txt' => '0'
                                                         }
                                            }
                              }
                    }
        };
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ディレクトリツリーを使った設定ファイル管理・その 3

設定ファイルとかだと場所は固定だろうから、アドホックに、しかし多少は頭を使って、というのでちょっとだけお遊び。お遊びなのでそのままでは使えません。

package Customer::Info;

use strict;
use warnings;

use Carp;
use File::Finder;

#http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50076993.html
sub AUTOLOAD {
    my $this = shift;
    my $name = our $AUTOLOAD;
    $name =~ s/.*:://o;
    $name eq 'DESTROY' and return;
    ref($this) && $name or croak "Undefined subroutine $name called";
    {
        no strict 'refs';
        *$name = sub {
            # warn "$name predefined";
            my $self = shift;
            @_ and $self->{$name} = shift;
            ref $self->{$name} eq 'HASH' and bless $self->{$name}, ref($self);
            $self->{$name};
        };
    }
    # warn "$name first called";
    @_ and $this->{$name} = shift;
    ref $this->{$name} eq 'HASH' and bless $this->{$name}, ref($this);
    $this->{$name};
}

sub new {
    my $class = shift;
    my $target_dir = shift or croak "not defined target";
    my $self = bless { config_info_target_dir => $target_dir,}, $class;

    $self->_load();
    return $self;
}

sub _load {
    my $self = shift;

    for my $file ( File::Finder->type('f')->in($self->{config_info_target_dir}) ) {
        my @tmps = File::Spec->splitdir($file);

        $self->{$tmps[-2]}->{$tmps[-1]} = '1';
    }

    return $self;
}]

使い方

$config = Customer::Info->new('/path/to/config');
print Dumper $config;

実行結果

$VAR1 = bless( {
                 'app00' => {
                              'id.txt' => '1',
                              'license.txt' => '1'
                            },
                 'app01' => {
                              'id.txt' => '1',
                              'license.txt' => '1'
                            },
                 'config_info_target_dir' => '/path/to/config'
               }, 'Customer::Info' );
  • hash に /path/to/config が含まれないように
  • $config->{app00} ではなくて $config->app00 で使えるように
  • app00 以下にはディレクトリは存在せず、ファイルだけということにしてしまった

まぁ、hash をシンプルにするだけなら $hoge = $config->{path}->{to}->{config} とかでいいし、license.txt とかあるから結局 {'license.txt'} って書かないといけないし、階層構造決め打ちしてしまってるし、深く考えずテケトウに作ったのでまともに使えないと思うし、じゃぁ何で書いてるのかというと、

  • AUTOLOAD のところがカッコイイと思ったのでメモ
  • File::Spec は今後もっと使っていきたい気もするのでメモ
  • 配列に負の数でアクセスするのって、他の人を混乱させそうなので使わない方がいいよな、って思ってメモ

ということで、未来の自分宛の手紙。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ちょっと足をのばして

雨ふりそうやなぁ、自転車はやめとこうかなぁ、ということで、今日は徒歩。小雨がふったりやんだりで、傘をさすほどでもないのでそのまま歩く。

DA21mm、最初のうちは脳内距離より一歩下がらないといけない感じだったが、ちょっと慣れてきた。

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:23 10:00:19
ShutterSpeed1/640
Aperture3.2
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize29 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:23 10:14:59
ShutterSpeed1/100
Aperture5.6
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize85 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:23 10:20:40
ShutterSpeed1/250
Aperture7.1
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize91 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:23 10:28:01
ShutterSpeed1/60
Aperture4.5
FocalLength21.0 mm
ISO200
ImageSize299x200
FileSize68 kB

MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:23 11:32:25
ShutterSpeed1/60
Aperture4.0
FocalLength21.0 mm
FocalLength13531.0mm
LensTypesmc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
ISO200
ImageSize200x299
ImageSizeOriginal3008x2008
FileSize82 kB

今日は丸形アイカップ MII を初装着して使ったんだが、アイポイントが少し離れるので、眼鏡モンにとってはちょっと使いづらいかもしれない。でも、広角レンズの時はそんなこと気にしない。かなりの割合でノーファインダーだし。使っているうちにちょっとズレてきたが、最初からついてるやつみたいにゴムがはずれてしまうことはなさそうだし、それも気にしないことにしよう。

はっきりいない天気の中を 2 時間くらい、目的地もなく、電車二駅くらいの間をトボトボと。普段歩かないところも歩いたし、GPS でトレースしたらよかったな、と後になって思った。自転車乗れたなぁとも思ったが、午後から降ってきたので、歩きで正解だったかな。自転車だったらそんなに早く帰宅しないから降られてただろうし。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

呑みにいった

元同僚と呑んだ。眠った。すまん。

み、みじかっ。 そして、見てみたかった。 - たると (2006年07月26日 16時26分06秒)
おー、眠るかどうかは保証できんが、メシ行こか? - 髭。 (2006年07月26日 19時52分36秒)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

嘘は罪

後に大物が控えているので、軽めの短編でも、と思って購入。

久々に連城三紀彦の本を読んだ気がする。この人とか渡辺淳一は、十代の頃よく読んだ。何となく「大人の恋愛」というものに憧れてたんやろなぁ。年齢だけは作中の主人公たちと近くなった今、何を感じるか? 何も感じなかった。わはは。

大体、若いお姉ちゃんに「ステキ」とか「もうどうにでもして」とか「あなたがいないとだめなの」とか言われる要素は持ち合わせないし、昔つきあった人に思いが残っていたりもしないし、嫁に惚れてるしな。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

はじめよう Ruby on Rails

RoR の入門書と思って購入するのはやめよう。この本は「すてきな開発スタイル」に関する本だ。本書に書かれている開発スタイルを実践するために Ruby on Rails が大変適しているから RoR 本の体裁をしているだけ。ストーリー仕立ての技術書が苦手な人でなければ、大変楽しく読めると思う。

さて、とてもすてきな開発スタイルの、わかりやすい例を見てしまったわけだが、今や企画部門に配属されたワシとしては、これをどのように活かせばよいか。現実解を模索しますか。。。

それにしても、Perlish なのに Ruby 本購入機会の方が多かったり、そのわりに Ruby 力が全然アップしなかったり、我ながら不思議だ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

最新LLフレームワークエクスプローラ


技術評論社だし、LL だし、買ってみた。フレームワーク紹介本と考えるとこんなもんか。とは言うものの、値段考えるとちょっと肩すかし感が強いかもしれない。書き下ろし記事多いし、コラムとか面白かったし、後悔はしてないけど。ワシに直接会える人先着一名に進呈するので、その分のお金で、この本で目星をつけたフレームワーク単体の書籍を買って勉強してください。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

アーマーゾーン!

アマゾンジャパンがネット商店街に年内にも参入するそうで、それで楽天の株価が下がったりしているそうで、トレーダーのみなさんも大変ですなぁ。個人的には「こんな商品も買っています」攻撃で自滅することを避けるため、今まで以上に強まった心が必要だと思った。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

クライマーズ・ハイ


今は何と書いていいか思いつかん。後日落ち着いたら何か書く。傑作であるとだけ書いておく。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

元喜六歳

おめでとう。ありがとう。

ついでに、ゆうき君二歳。おめでとう。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Text::HikiDoc r1_010 公開

HikiDoc.pm r1_010 を公開。フルパッケージは「B's Soft」のコーナーからどうぞ。今回のバージョンアップで HikiDoc から Text::HikiDoc に変更したためご注意を。以下変更点

  • to_html で全てのパラメータを指定できるように変更
  • HikiDoc から Text::HikiDoc に変更
  • 文字修飾記述が入れ子構造に対応していなかったバグの修正

バグフィクスの影響で、オリジナルの hikidoc.rb とビミョーな非互換が出てしまったので書き残しておく。が、とりあえずそのままで。

'''''hoge'''''

と記述した場合、hikidoc.rb だと

<strong>''hoge</strong>''

HikiDoc.pm だと

''<strong>hoge</strong>''
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猪名川から五月山公園へ

河川敷をひたすら北上。

R0011090.jpg
MakeRICOH
ModelGR Digital
DateTimeOriginal2006:07:29 11:00:16
ShutterSpeed1/640
Aperture6.3
FocalLength5.9 mm
FocalLength13528.0mm
ISO64
ExposureCompensation-0.3
ImageSize300x200
ImageSizeOriginal3264x2176
FileSize54 kB

ここから先は土手上を走った方がよさそうだな、と思って上にあがると、自動車ではよく通る場所だった。なんとなく五月山公園に行ってみようと思い、進路変更。

060729_1131~0001.jpg
MakeKDDI-CA
ModelA5513CA
DateTimeOriginal2006:07:29 11:31:36
ShutterSpeed1/303
ImageSize266x200
ImageSizeOriginal240x320
FileSize54 kB

あんな坂道登るのいやじゃ! と思ってたが、そんなに距離もないし、やってみればやれるもんだね。しんどいのはしんどいが。

今日はどうもサイクロコンピュータの反応がにぶくて、電波とぎれとぎれ。電池変えてみた。改善されるかな?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

蓮見

起きるのが遅かったので「暑いのぉ、どうしよかのぉ」と思ったが、サイコンの調子を見たかったので、近場の服部緑地へ。2-3km だから歩いていく距離なんだけどね。

IMGP9570.jpg
MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:30 11:29:23
ShutterSpeed1/1000
Aperture5.6
FocalLength200.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize22 kB

IMGP9578.jpg
MakePENTAX Corporation
ModelPENTAX *ist D
DateTimeOriginal2006:07:30 11:36:39
ShutterSpeed1/1000
Aperture5.6
FocalLength160.0 mm
ISO200
ImageSize200x299
FileSize47 kB

蓮スポットに大量の人がいるので「いくらなんでも大杉やろ」と思ったら、モデル姉ちゃん× 3。つうことは、カメラマンはその十倍くらいいるわけで。。。仕方ないので30分くらいプラプラしてやり過ごす。写真はその場所で撮ったものじゃないんだけどね。

サイコンは順調。やっぱり電池切れだったのね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

成長する子供たち

元喜、「お父ちゃんは普段怒らへんけど、ほんとにあかんことした時だけ怒るねぇ」
夏歌、手鏡と櫛を持ってうれしそう。

いつのまにかどんどん成長していく。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2006/07 集計

Tm 7:45:00 Dst 129.39 Av 16.7 Mx 49.1 Odo 1329.59

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > Archives > 2006年7月 Archive

Feeds

Return to page top