'."\n");?> イッツ・オンリー・トーク - 勤務先と無関係なことを書く日記

Home > 本とか > イッツ・オンリー・トーク

イッツ・オンリー・トーク

表題作の「イッツ・オンリー・トーク」の方は、正直なところよくわからない。スーッと最後まで読んだが、不思議な読後感。中途半端なエロ話かと思えばそうでもないし、女性なら共感できるところがあるのか?

同時収録の「第七障害」の方は大変よい話だった。あー、馬乗りてぇ。

で、実は一番感心したのは、巻末のあとがきだったりするんだな。あとがきはあとがきなんだが、率直で非常にわかりやすい、そして、著者への愛が伝わるあとがきだった。あとがきを読むだけでも吉かと。

Home > 本とか > イッツ・オンリー・トーク

Feeds

Return to page top